うちの嫁がすごい ~だって竜神~(淡路 水)


うちの嫁がすごい ~だって竜神~ (二見書房 シャレード文庫) うちの嫁がすごい ~だって竜神~ (二見書房 シャレード文庫)
淡路 水 駒城 ミチヲ

二見書房 2016-04-25
売り上げランキング : 30721

Amazonで詳しく見る by G-Tools


ボーイズラブ・レビュー

今年は20連勤で昨年の記録更新はなりませんでしたが、身体は昨年よりキツイ気がします。
久々の休みによぼよぼしながら、お出かけのお誘いをまとめてぶっちぎって、ひたすら癒しのボーイズラブを貪り読んでおりました。
疲れ切ってるときはヘヴィーなのよりほのぼのとかアホアホのが心に沁みますね……。

淡路水さんの新刊で現代舞台のファンタジーです。
もう表紙がたまらん可愛い!! 可愛い……尊い……
そして私、竜とか土地の守り神とか大好物なんです……
ごちそうさまです。
可愛いは正義。

以下ネタバレ妄想注意!



紹介文です。

実家・海渡家の五十年に一度の神事のため帰省したカメラマンの脩平。旧態依然としたしきたりに反発し自ら生け贄役を買って出たものの、社で出会ったのはぬいぐるみサイズの竜神様!?人型をとっても愛くるしい竜神・蒼波は遙か昔よりこの地を守り恩恵を与えてきた、人間が大好きな神様。信仰心が薄れ力が弱まってもなお、あたたかく土地と人々を見守り続ける蒼波に心揺さぶられた脩平は、毎日のように社通いを続けるのだが…。

なんつーかまあ、簡単に言うと、赤ん坊の身代わりで神様の生け贄に立候補したはずが、逆に神様を美味しく頂いちゃいました的なお話ですね!
こういうの下克上って言うんですよね確か!
食われるはずが食ったわけですからね!
そんなわけで龍神様受でございます。
攻が小さいときから見守ってきて、幼い少年のイケメン行為に胸キュンして初恋しちゃう1000歳の神様とか愛おしすぎましたね。
1000年守り続けた貞操を成長した攻に捧げる神様。
ちーかまと酒が好物の神様。
告白より先に命と同義みたいな宝珠をポンと攻に渡しちゃう神様。
攻を守るために死ぬまで頑張っちゃう神様。

惚れてまうやろー!!!!!!!
かわいすぎてゴロゴロしてしまいましたね。
仕事で行き詰まって田舎に帰ってきた攻くん、出会いなんてどこにもなさそうな田舎の地元で超絶ナイス嫁をゲットとか、いったい前世でどんな徳を積んでいたんや……。

清々しい悪役っぷりの叔父さんは、ちょっとやりすぎた当て馬感すごいですが、このまま諦めてくれることを祈るばかりです。
しかし、攻が生け贄から無事に帰ってくるまでずっと祟りを信じてた純粋さを見ると、死ぬ気で頑張った竜神・蒼波のお仕置きはものすごく効いてそうだから大丈夫かな。

もちろんBLなんで神様相手だろうとしっかりやることやっててそこもムフフなんですが、攻くん、ちーかま加えた神様にムラムラするとかどれだけ溜まってたの?
ってなりました。ちーかま、もうちょっと太くても良かったんじゃないかな!
蒼波がバナナでもほおばった日にはこの人、鼻血吹いてぶっ倒れるんじゃないかと思いました。

叔父さんのおいたが災い転じてなんとかで、なんと人間になった竜神の蒼波様ですが、一族のボス公認でこれから人として幸せになってくれそうでほんわか。
個人的には神様とか異種間恋愛は大好物すぎるし、蒼波様はエリートご兄弟がたくさんいらっしゃるようなんで、今度は人間にならないままラブラブしちゃうけど寿命の差でどうのこうのするやつとかあっても良いんじゃないのかなって思いました!
淡路さん、けっこう作品ごとにテイスト違うけど、商業の中だとこれが一番好きかもしれません。