About アキミ

腐女子です。一時は足を洗えるような気がしてましたが気のせいでした。 どれほど環境が変わろうが、最早後戻りできる気がしません。

蒼穹のローレライ (Holly NOVELS) 蒼穹のローレライ (Holly NOVELS)
尾上 与一 牧

蒼竜社 2015-10-28
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボーイズラブ・レビュー

ついにシリーズ名が付いたこの一連の作品群。
この作品も含めて4冊ありますが、すべて第二次世界大戦の戦時中が舞台となっております。
1冊目:天球儀の海 / 2冊目:碧のかたみ / 3冊目:彩雲の城
↑旧ブログの感想に飛びます。
1945シリーズというある意味ド直球な名称を戴いた作品群です。
これは4冊目ですが、どれも1冊完結なので、この作品から読んでも大丈夫です。
2冊目の碧のかたみのペアがちらっと出てくるので既読だとちょっと楽しいかも。

そういえばBLの表紙ってだいたい受攻ペアで構成されることが多くて、ピンって滅多にないんですが、今回の表紙はドンとひとり、仁王立ちになっている絵でした。ボーイズラブでピンの表紙って、大物作家さんしか許されないイメージがあって、尾上与一さんすごいスピードで上り詰めたな……って勝手に感嘆しております。

さて、このブログの感想は全部ネタバレですが、この下からはホントに初っ端からネタバレぶちかましてますのでご注意くださいね。

以下ネタバレ妄想注意!

...continue reading 蒼穹のローレライ(尾上 与一)

あるっつーか自分のことですが。
いままで散々、家族のことをネタにしてきたので、自分のこともさらっと書いておこうかなと思い立ったので勢いだけで書きます。
全部終わるまで何も書かなかったのは、自分のパーソナリティを鑑みるに、ネタにすると結婚相手探しよりネタ探しに熱中してしまうことが目に見えていたからです。

こんなブログ(ひたすらBL作品の感想を書き連ねるブログだ)をやってるくらいなんで、私の世界は基本的にボーイズラブを中心に回っています。
今までに買ったBL関連書籍の数など数えたこともありませんし、年3~4回は上京してイベントで同人誌を買い漁り、休みの日は腐った友人と遊ぶか引きこもってひたすら読書するか、みたいな暮らしをしておりました。萌活動をするために働いていたと言っても過言ではないでしょう。この数年で何人もの友人知人が結婚しましたが、割と他人事な気分で眺めておりました。

で、なんかスイッチが入って婚活しよーって思ったのが去年の秋くらい。ちょっと砂漠でぱーっと遊んできて帰国したくらいのタイミングでした。
...continue reading ある腐女子が婚活→結婚に至るまでのあれこれ。

けむにまかれて (フルールコミックス) けむにまかれて (フルールコミックス)
市ヶ谷茅

KADOKAWA/メディアファクトリー 2015-04-17
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボーイズラブコミック・レビュー


オヤジっつかもうおじいちゃん、みたいなビジュアルのインテリメガネ小説家ですよ。
煙草の煙を燻らせながらの流し目、凄まじい色気ですね!
畳の部屋とセピアがかった画面が素敵すぎました。
どう考えても後ろで正座してる若者わんこが掌で転がされてますね。
これねー、表紙見て、おっとどっちが攻だ???
ってなったんですが、皆さんどっちだと思いましたか?

さて、もう表紙から名作BLの気配が漂っております。
これがデビュー作っていうんですから、ボーイズラブ業界もまだまだ捨てたもんじゃないと思えます。
他のBL作品も読んでみたいです。

以下ネタバレ妄想注意!

...continue reading けむにまかれて(市ヶ谷茅)

黒の騎士 Prince of Silva (SHYノベルス) 黒の騎士 Prince of Silva (SHYノベルス)
岩本薫 蓮川 愛

大洋図書 2015-09-07
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー

出ましたね、3冊目!
青の誘惑碧の王子 に続くシリーズ続刊です。
ボーイズラブの長めのシリーズが最近減ってきているので、Prince of Silvaシリーズは毎度楽しみにしています。
だいたい、1冊完結か、多くても2、3冊ってパターンが多いからなあ。
私は長編シリーズ大好物なので、連作短編じゃない1つのカップルの話が何冊も続くとそれだけでテンションあがります。
BL系の版元さんは前みたいにご長寿シリーズ出してくれて良いのよ……

さてジャングルの野生児から一国を牛耳る一族の跡取りになってしまった少年のお話、どんどん進んできましたよ!

以下ネタバレ妄想注意!

...continue reading 黒の騎士 Prince of Silva(岩本 薫)

狼は花の馨り 1 (Dariaコミックス) 狼は花の馨り 1 (Dariaコミックス)
りゆま 加奈

フロンティアワークス 2015-08-22
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボーイズラブコミック・レビュー

民族BLです。
狼でてきます。
ボーイズラブでファンタジーというだけでも貴重なのに、狼が出てくるとかもう最高。
これ、シリーズの2作目なんですが、この本からでも問題なく楽しめます。
(1冊目は「狼は恋に啼く」)
というか、個人的には断然、この2冊目がドストライクでした!!!
白鹿と黒狼が昔、番になったのが始まりで、それ以降、白い髪の子供(白鹿)が産まれると性別を問わず王族に嫁ぐという決まりがあります。
BL的には大変重要な設定ですね!
白鹿はどこで産まれるか分からないので、産まれたら国にちゃんと届けないといけない決まりがあるようです。
つまり白鹿に産まれたらその瞬間から、将来の安泰が保証されているはずなんですね……。

以下ネタバレ妄想注意!

...continue reading 狼は花の馨り 1(りゆま 加奈)

愛の本能に従え! (白泉社花丸文庫) 愛の本能に従え! (白泉社花丸文庫)
樋口 美沙緒 街子 マドカ

白泉社 2015-08-20
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボーイズラブ・レビュー

虫シリーズの新刊です。
生き残るために人類が虫と融合してそれぞれの虫の特性を引き継いでいるというなかなかの設定です。
強い種族と弱い種族がいて、それぞれハイクラス・ロウクラスと呼ばれていますが、今回はハイクラス同士のカップリングです。
ちなみに虫のカップリングとしては、オオムラサキ×ナナフシとなります。
何いってんのかわかんねえ! という皆様ご安心ください。
ちゃんと二足歩行する人間として産まれてますので、普通のボーイズラブとしてお楽しみ頂けます。

以下ネタバレ妄想注意!
...continue reading 愛の本能に従え!(樋口 美沙緒)

恋してる、生きていく (ディアプラス文庫) 恋してる、生きていく (ディアプラス文庫)
夕映 月子 みずかね りょう

新書館 2015-07-09
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボーイズラブ・レビュー

夕映月子さんの新刊です。
新刊というにはちょい日が経ってますがそこはご愛敬ということで。

彼女の作品は、けっこう刊行スピードがゆっくりで特にデビュー作から2作目までが長くて、私は一人でハラハラドキドキしていたのでした。
デビュー作は「天国に手が届く」で、登山ものBLでした。
これが……↑前のブログに飛ぶんですが、読んでいただければ分かると思うんですが、好みドンぴしゃだったんですよねー。
お話の内容もそうなんですけど、文章に漂う空気がすごく好みで、もっと読みたいって思っていたのです。

で。
そでで、ですよ。
今回のこの本、実は夕映さんのデビュー文庫の前の雑誌掲載作に加筆修正+書き下ろしが加えられた1冊なんです。
デビュー作と同じく山を舞台にしたボーイズラブなんですが、ずーーーーっと文庫になってなくて、私はなんとかゲットした雑誌の作品を読んで、

ここで終わるんかよ!!!!!!!

って悶えてゴロゴロして、続き、続きくださいはやく……状態のまま年単位で正座待機していたのですね。
それがようやく報われたのです。

うん、やっぱりBLだからね、BLなんだから必要なことっていうのはあると思うんだよねうん!

以下ネタバレ妄想注意!

...continue reading 恋してる、生きていく(夕映月子)

艶情 王者の呼び声 (ビーボーイノベルズ) 艶情 王者の呼び声 (ビーボーイノベルズ)
岩本 薫 北上 れん

リブレ出版 2015-05-19
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

艶情 つがいの宿命 (ビーボーイノベルズ) 艶情 つがいの宿命 (ビーボーイノベルズ)
岩本 薫 北上 れん

リブレ出版 2015-06-19
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボーイズラブ・レビュー

久々の感想更新です!
岩本薫さんのモフBLでございます。
いやほんと狼好きなんですよね、もう大好きで。
モフモフ獣なボーイズラブの中でも狼と言うだけで手が伸びます。
ちなみにこの作品は一連のシリーズの中の1作です。
同一世界観カップリング違いの作品が発表されておりますのでお好みのモフカプをお探しくださいませ。

以下ネタバレ妄想注意!

...continue reading 艶情 王者の呼び声/つがいの宿命(岩本 薫)