極夜 (Canna Comics) 極夜 (Canna Comics)
文善 やよひ

プランタン出版 2016-09-28

Amazonで詳しく見る byG-Tools


ボーイズラブコミック・レビュー

このBLがやばい! のコミックスで1位に選んだ鴆-ジェン- の作者・文善 やよひさんの作品です。
後半には鴆の新作もありますのでぜひどうぞー!

で、メインが異種間恋愛というか時空と寿命が捻れるというか、恋した異界の王が幼馴染みにそっくりというか、なんかこう複合型で私の萌ツボを殴りに来た感じがして読む前からゾクゾクしておりました。現実世界と異世界が交わる感じの半ファンタジーが大好きなので、設定から大好物です。
人間×異界の王とか、聞いただけで買うしかなかった……。
(たぶんこの先、作家買い確定です)

以下ネタバレ妄想注意!

...continue reading 極夜(文善 やよひ)

鴆-ジェン- (Canna Comics) 鴆-ジェン- (Canna Comics)
文善 やよひ

プランタン出版 2015-12-28

Amazonで詳しく見る by G-Tools


ボーイズラブコミック・レビュー


謹賀新年の次の投稿がひな祭りを軽く華麗にoverというなかなかロックな更新頻度になっております。
お久しぶりです。
プライベートの環境変化に折り合いをつけられそう――という時に、今度は会社で一気に人が抜け、もともと9人でまわしていたところがついに3人にまで減り、仕事内容はまったく変わらないという状況に叩き落されておりました。
死ぬかと思った……。
つーかこのままだとデスマーチしても締め切りぶっちぎるぜ…って途方にくれていたら、ようやく人員補充のめどが立ちました。

さて、そんななか、もちろんBLは読んでおりました。
絶対数は減ってましたが、やはり腐女子にとってボーイズラブは癒しでしかないですね……。

で、今年に入って私の中で一番の大ヒットBLコミックスがこちら、「鴆-ジェン-」でございます。
もうたまらん。
人外・異種間恋愛ものです。
中華系のシリアスファンタジーです。
よだれが止まりません。

以下ネタバレ妄想注意! 今回、いつもより多めにネタばれしてます!

...continue reading 鴆-ジェン-(文善 やよひ)

けむにまかれて (フルールコミックス) けむにまかれて (フルールコミックス)
市ヶ谷茅

KADOKAWA/メディアファクトリー 2015-04-17
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボーイズラブコミック・レビュー


オヤジっつかもうおじいちゃん、みたいなビジュアルのインテリメガネ小説家ですよ。
煙草の煙を燻らせながらの流し目、凄まじい色気ですね!
畳の部屋とセピアがかった画面が素敵すぎました。
どう考えても後ろで正座してる若者わんこが掌で転がされてますね。
これねー、表紙見て、おっとどっちが攻だ???
ってなったんですが、皆さんどっちだと思いましたか?

さて、もう表紙から名作BLの気配が漂っております。
これがデビュー作っていうんですから、ボーイズラブ業界もまだまだ捨てたもんじゃないと思えます。
他のBL作品も読んでみたいです。

以下ネタバレ妄想注意!

...continue reading けむにまかれて(市ヶ谷茅)

狼は花の馨り 1 (Dariaコミックス) 狼は花の馨り 1 (Dariaコミックス)
りゆま 加奈

フロンティアワークス 2015-08-22
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボーイズラブコミック・レビュー

民族BLです。
狼でてきます。
ボーイズラブでファンタジーというだけでも貴重なのに、狼が出てくるとかもう最高。
これ、シリーズの2作目なんですが、この本からでも問題なく楽しめます。
(1冊目は「狼は恋に啼く」)
というか、個人的には断然、この2冊目がドストライクでした!!!
白鹿と黒狼が昔、番になったのが始まりで、それ以降、白い髪の子供(白鹿)が産まれると性別を問わず王族に嫁ぐという決まりがあります。
BL的には大変重要な設定ですね!
白鹿はどこで産まれるか分からないので、産まれたら国にちゃんと届けないといけない決まりがあるようです。
つまり白鹿に産まれたらその瞬間から、将来の安泰が保証されているはずなんですね……。

以下ネタバレ妄想注意!

...continue reading 狼は花の馨り 1(りゆま 加奈)