BL小説感想, ファンタジー

ボーイズラブコミック・レビュー

久々すぎるボーイズラブ小説の感想の更新です!
普段は週に1回、コミスぺさんでBLコミックのレビューを書かせていただいておりますので、まったくアウトプットをしていないわけではないのですが、自分ちのブログが放置を極めてしまっておりトホホな状態です。

ええ本当に……育児と仕事と家事によってこんなに心身ともに余裕が失われるとは思ってもおりませんでした。家事なんて可能な限り省力化しているというのに! 見聞きするのと実際やるのは大違いです。

さてそんな中、寝る前の楽しみに読んでいたBL小説がこちら。六青みつみさんの新刊です。転生ものとかじゃないがっつり純正の異世界ファンタジーでソフトカバーの2段打ち。分量でいうと恐らく新書2~3冊分くらいに相当すると思われます。最高ですね。金髪の我儘美人が受ですよ~!カップリングは、

異国の騎士×高慢王子

といったところでしょうか。教育の大切さが身に染みる作品となっております。

以下ネタバレ妄想注意!

雑記

あっという間に今年も終わろうとしております。
あと2日? またまた御冗談を……。
いやもう今年何回ここにログイン出来たよ?
というレベルで放置かましちゃってて頭が痛いです。

腐女子としての活動のアウトプットが完全に後回しになってしまっている今日この頃ですが、とりあえず読むのは読んでるんですよ……。MP回復に欠かせません。アウトプットに回す余裕を捻りだしたいですね。
いちおう、コミスペさんでは週1回、ボーイズラブコミックのレビューを書かせていただいていますので、完全に沈黙しているわけではないんですよ……いいわけですけども。

せめて自分が選んだベスト5の感想くらいは書きたかったです……無理でしたが……。

育児と仕事の復帰で毎日フルスロットルすぎて、なんか今年を振り返っても詳細がイマイチ思い出せないんですよね大丈夫かな私の脳みそ。せめて時短とかあればよかったんですが、ぶっつけ本番フルタイムですからなかなかです。

なんにせよこの本が出たということはもう今年も終わりです。
ランキング以外のところもあれこれ書かせてもらってるので、今年1年のBL界を振り返る意味でも手に取っていただければと思います!

来年は更新のリズムを作りたいですマジで……。
超絶マイペースですが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

BL小説感想, ファンタジー

はなれがたいけもの
はなれがたいけもの

posted with amazlet at 19.10.15
八十庭 たづ
リブレ (2019-04-19)

ボーイズラブ・レビュー

web発のファンタジーもふもふ子育てBLです!
私の萌えツボにドストライクーーーーっ!!!
という設定です。

webとファンタジーって相性がいいですよね……ページ数を気にせず設定もりもりに出来ますものね。そのせいで読みにくくなったり設定疲れするリスクはあるにせよ、ハマったときの嬉しさがたまりません。この作品はバシッとはまったやつです。
カップリングは、

敵国の獣人の王×貢物として差し出された人間の兵士

ということで、身分差+異種間恋愛も入っており、ついでにこの獣人一族は異種族の雄が相手でも子供を作ることが可能というミラクルスペックを持っています。なので、BL出産が苦手な方には地雷の可能性がありますのでそこはご注意くださいませ。

以下ネタバレ妄想注意!

BL小説感想, ファンタジー, 主従

ボーイズラブ・レビュー

もうあと3か月で2019年が終わろうかという今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
日々、仕事と育児に追われまくってアウトプットの時間が極限まで削られております。近頃、少し落ち着いてきたので夜にPCに向かうことにしました。無理やりにでも仕事じゃないアウトプットをする時間を作った方がいい気がしたんですよね……。気分転換にここ数日でブログのデザインを触ったりしていました。
色んなところがあちこち進化していて完全に浦島太郎の気分です。

さて異世界転生ファンタジーBLです。こちら異世界転生だけじゃなくて時空も超えちゃっていてダブルトリップとでもいいましょうか。設定がかなり複雑です。web発のずっしり2冊ぶんのファンタジー、堪能しつつ一気読みでした。正統派の主従ラブです。最高ですね!!

以下ネタバレ妄想注意!

雑記

ほんとお久しぶりです。
ログインIDすら思い出せなくてかなり焦りました。
年末年始すら更新してないとか何事だよって話ですよね……。

腐女子を卒業したとかそういうことは一切なく、隙間時間を見つけては読んでるんですが、アウトプットする余裕がひねり出せずにこんなことになっております。

いまさら感が半端ないですが今年も、このBLがやばい! のランキングと、ちょこっと中に書かせてもらってます。

 

あとBLではないですが、このマンガがすごい! 2019の女向けランキングにも参加させていただいております。

 

そして普段まったくレビュー記事を書いてないわけではなくて、今年も引き続きお外で週一でBLコミックのレビューも書かせていただいております。マガジン「コミスペ」さんです。

BL小説感想, ファンタジー

烈情 皓月の目覚め (ビーボーイノベルズ)
岩本 薫
リブレ (2017-12-19)

烈情 恋月の行方 (ビーボーイノベルズ)
岩本 薫
リブレ (2018-03-02)

ボーイズラブ・レビュー


感想書きたい本は溜まっていく一方ですが、地道に更新していきます……。
BL漫画のレビューは毎週月曜日、コミスペさんで公開されていますのでよかったら覗いてみてくださいませ。

岩本さんのモフシリーズ、メインキャストが子供世代に移っているわけですが、双子の片割れだけが先に発情期を迎えて海外で妊娠出産に至るという状態で前回は終わっておりました。
双子なのにけっこう差があるものです。

オオカミと人間の2つの姿になれる彼らの一族は、そもそもレッドリストレベルの個体数の少なさで常に全滅の危機にさらされているような状態ですが、そういう危機的な状況を打開する策として、男の中から妊娠できる特殊な個体が現れることでその危機を脱しようとしております。
BL界の少子化対策は相変わらずぶっ飛んでおります。
早く人間にも装備されるといいですね……。

以下ネタバレ妄想注意!

雑記

コミスペ! トップ画面イメージ

本日リリースされました、マンガ情報メディア「コミスペ!」に、ライターとして参加しています。

自分とこの更新も滞ってるのに何やってんのというのは置いといて……。
というかどこかからギア入れないとずるずる放置状態が続きそうだったこともあり、自分のブログ以外の場所から喝を入れてみようかなというのもありました。
人間、締め切りがあると動きますからね!!!

もちろんコミスペ!はボーイズラブだけのサイトではなく、漫画全般の情報を発信していく全方位型のメディアになります。たくさんの、それぞれ得意分野を持ったライターさんが参加されていますので、ぜひぜひ、覗いてみてくださいね。
コラムやレビューだけじゃなく、漫画界のニュースや版元の漫画の担当さんインタビューなどもあります。

私の書いたところといえば、会社以外では自分のブログでないところに長めのテキストを書くことがそう頻繁にないので、ちょっと間をおいて読み返すと余所いきな感じの文章になっている気がしてまだまだ修行が足りません。
ただ、ここ数年、商業BLの読者母数があまり増えていない気がしているのと、出版側も既にいる読者の財布の紐を緩めるのに腐心してしまっている部分もあるように見えており、ちょっとこう、ジャンル全体の先細り感に不安を覚えていることもあって、いろんな人の目に留まるメディアで、微力ながらBLジャンルを盛り上げられたらいいなという気持ちもあり、継続して参加していきたいと考えております。

さしあたり、毎週月曜日にBLコミックのレビューと、不定期でコラムやまとめ記事的なものでお目にかかれると思います。
現在のところ、

・【まとめ】BLの雰囲気が味わえる朝チュン系作品
→ちょっとBLワールド覗いてみませんか、いきなり強烈なの見せたりしないから怖くないよ!的なエントリです。

・【日替わりレビュー:月曜日】『社畜が恋をしてみたら』今井ささる
→リリースほやほやのメディアということもあってこちらも初コミックス作家さんをチョイスしてみました。
 いやー、受が働きすぎっていうから、最初から最後までお話の舞台がどこかのベッドで、天井とシーツのしわを数えながら肌色シーンがたくさん拝めるんかなーとすべての要素を無視した妄想とともに読み始めたら……という感じです。初コミックとは思えない作品だったので未読の方は是非♪

この2本が公開されております。
うちのブログと違って毎日、いろいろ更新されていきますし、近日中にはアプリもリリースされますので、合わせてお楽しみいただければと思います!
このBLあたりだったよ!!!とかありましたら、
ぜひtwitterとかで教えてください♪

BL小説感想, 社会人もの

ボーイズラブ・レビュー

あけましてしばらくたちました……おめでとうございます。
昨年末から体調を崩したりバタバタしておりました……。
毎年今年こそはと思っており、今年もちゃんと復活したいとは思っているのです。
(今年はここ以外でも露出の機会がありそうなので、それに合わせてこちらも稼働できたらと考えております。
またお知らせできる時期になったらお知らせさせてくださいませ~)

そして、本当にものすごくいまさらですが、
このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
と、
このマンガがすごい! 2018
このマンガがすごい! 2018
でランキング選者として参加させていただいております。
このBLがやばい! では本誌の中もちょこちょこっと書かせていただきました。

さて、年末年始は夕映さんの新刊と岩本さんの発情シリーズ新刊でBL読書はじめとなりました。発情シリーズは次で話がひと段落なのでまず衝撃の夕映さんの新刊から。

なにが衝撃かって、なんとなく表紙の雰囲気で分かるかもしれないんですが、このBL、カップルの受攻どっちも攻なんですよね……。
何いってんのかわかんねーと思われるかもしれませんが、なんというか、

攻×攻

なんですよ。
受の方も攻出身のバリバリの男らしい男なんですよ。
受として生まれてきた感じじゃないというか。
久々に(ちょっと違う方向から)「こいつにだから抱かれるんだ」的なロマンを感じた作品なのです。

以下ネタバレ妄想注意!